気になるお寿司屋『はな板 吉心』。勇気を出して突撃!!

はな板 吉心

更新:2018/08/19

午前中に所用で街まで出かけました。

用事が済んで11時過ぎくらい、小腹が減ったなとフラフラ歩いていると、前から気になっていたお寿司屋さんの大将が店先の掃除をしていました。

はな板 吉心

吉心 昼メニュー

トキハ本店の裏通りです。

「お昼もやってます」の張り紙とともにメニューが目に入りました。高いお店と思っていましたが、お寿司屋の割には良心的な値段に感じます。

ちょっとリッチなランチもいいかも。大将にもう開いてるか確認すると、大丈夫とのことでお店に入ることにしました。

 

お店はオープンしてから1年ちょっとくらいだと思います。

店内は明るくきれいで清潔感があります。奥さんかな?とおぼしき愛嬌のある女性とふたりで営業していました。

お昼のメニューは、『特上にぎり』と『にぎり寿し』のふたつのみのようです。

店内の黒板メニューに、『売切れごめんメニュー』として、鰻の白焼きやのどぐろの塩焼き・煮付け、烏賊の天麩羅など10品くらい表記されていました。

烏賊の天麩羅お願いしたら、黒板メニューは夜のみということで、やってませんでした。

おあずけ状態で残念です。 😥 

 

ともあれカウンターに座り『にぎり寿し』を注文しました。

 

ざっと見渡すと、カウンター6席、4人掛けのテーブル2つ、半個室の4人掛け席がひとつ、こじんまりとはしていますが、店内の狭さを感じることはありません。

 

女性がすっとお茶とおしぼりを用意し、大将が寿司下駄に笹の葉とガリをそっと添えてくれます。

そうそう、この寿司下駄がいわゆる下駄の形状ではなくて、なんかもう「切り株」みたいな雰囲気のある器です。こだわりを感じました。

カウンター越しに大将が握り始めて、一貫ずつにぎりを寿司下駄へ置いてくれます。

『たい』、『いか』、『炙り金目鯛』、『カンパチ』、『マグロ』、『たこ』、『炙り太刀魚』、『えび』、『巻物』、『厚焼き玉子』の計9種類のにぎりと1品です。

こちらが食べるのを見てテンポ良く次を握ってくれます。ネタが何かを聞くと笑顔で教えてくれます。

ネタにも細かく隠し包丁が入っており、仕事の丁寧さが垣間見えました。

ガリがなくなるのをみて、すぐ継ぎ足してくれます。(笑)

赤出汁も鯛の身が入っており、いい出汁がでて美味しかった。

ペロッと食べ終えると、女性が別の湯飲みに新しくお茶を入れ差し出してくれました。

この湯飲みも雰囲気があってこだわってるなぁと感じます。

これで1600円なら全然安いぞ!!

 

胃袋的には腹半分もいかないですが、おいしさで十分満足できました。

夜メニューは別の冊子があり、見せてもらうと色んな料理がありコースもあったりです。

 

店内の壁に飾られた『真心』の筆で書かれた文字の通り、職人の気配りが感じられ、必ずまた来たいと思える素敵なお店でした。

 

ごちそうさまでした!!

 

PS.カウンターだったし、他に人いないし、なんか悪いと思って写真撮ってもいいか聞けなかったし撮れなかった。 🙂 

 

 

(追記)

この店よかったって話してたら、嫁のご両親と一緒にランチに行くことになりました。

4人で来店したので、テーブル席です。カウンターと違って、寿司は一貫ずつの提供ではなくて5~6貫ずつ2回に分けて運ばれてきました。

今回は特上にぎりを注文しました。

特上にぎり その1
特上にぎり その2

ふつうのにぎりと比べて、特上なのでネタのクオリティが全体的に上がっているのを感じました。個人的には前回食べた『炙り系』がおいしかったので、今回は出なくて残念でした。

毎回仕入れたネタが違うのも寿司屋ならではの楽しみではありますね 😳 

 

続けて来店して思ったことは、目の前で握ってもらい、一貫ずつ食べる。寿司屋はカウンターで食べる方がおいしい!!

お粗末さまでした!!

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。