• HOME
  • BLOG
  • 自分のこと
  • 風しんの免疫を持っていないのでは、、、と不安に思い、抗体検査に行きました!!

風しんの免疫を持っていないのでは、、、と不安に思い、抗体検査に行きました!!

予防接種

ちょっと前からニュースで風しんが流行しているとよく耳にしていました。

今では乳幼児期のうちに必ず予防接種するようになっていますが、これは予防接種法が改正されたためです。

改正される前までは中学生の女子を対象にされていました。

そのため予防接種を受けていない空白の世代が生まれています。

 

ニュースでは30~50代の男性の多くが風しん予防接種の機会がないと言っていました。

過去の制度の変遷から、定期接種の対象については、昭和54年4月2日~平成2年4月1日生まれの人は1回、昭和54年4月1日以前生まれの男性は0回だそうです。

風しんを予防するためには、定期の予防接種を2回(一歳頃と小学校入学前1年間)行うと十分な免疫が獲得できるとされています。

私は現在31歳(昭和61年生まれ)ですので、ガッツリ対象者ですね 😥 

いちおう母親に確認してみると、兄弟みんな風しんの予防接種をした記憶はない。そして母子手帳は紛失しているとのこと。

ちょっと不安です。

 

ところで風しんって何だったけ?復習してみます。

風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症で、風しんの免疫がない集団において、1人の風しん患者から5~7人へうつす強い感染力を有する。
飛沫感染をし、ヒトからヒトへ伝搬する。
症状は不顕性感染(無症状)から、重篤な合併症併発まで幅広く、特に成人で発症した場合、高熱や発疹が長く続いたり、関節痛を認めるなど小児より重症化することがある。
また、脳炎や血小板減少性紫斑病を合併するなど決して軽視できない。
また、風しんに対する免疫が不十分な妊娠20週頃までの妊婦が感染すると、先天性風しん症候群の子どもが生まれてくる可能性が高くなる。

厚生労働省webページより抜粋

最後の文章が重要ですね!

自分自身が感染しても、まぁきついくらい。運が悪いと重症化する。

しかし、赤ちゃんが感染してしまうとなると話が重要になります。

先天性風しん症候群(CRS)とは、眼や心臓、耳などに障害をもってしまうことです。
厚生労働省webページより抜粋

CRSの3大症状は先天性心疾患、難聴、白内障である。難聴に関しては高度難聴であることが多い。
3大症状以外には、網膜症、肝脾腫、血小板減少、糖尿病、発育遅延、精神発達遅延、小眼球など多岐にわたる。
NIID国立感染症研究所webページより抜粋

子どもの一生に関わる、いや、命にも関わりますね!!

自分の妻が妊娠してるかもしれないし、さらには見知らぬ妊婦に感染させてしまえば、裁かれることはなくとも罪なことです。

ということで、まずは自分が風しんの抗体を持っているかを検査することにしました!

風しんの抗体検査および予防接種費用は助成金が出ますよ!!
(自治体により助成の対象者や助成金が一部か全額かなど違う)

お住まいの自治体(おそらく市役所でよい)に確認して頂きたいですが、多くの自治体では対象者の抗体検査費用は無料、予防接種費用は半額から無料くらいのようです。

私の住んでる大分市について確認してみました。市役所webページに詳しく記載があります。

以下は大分市での概要です。

風しんの抗体検査につい

対象者は、以下に該当する方。

  1. 妊娠を希望する女性。
  2. 妊娠を希望する女性の配偶者などの同居人。
  3. 抗体価が低い妊婦の配偶者などの同居人。
風しんの予防接種について

対象者は、以下に該当する方。

  1. 妊娠を希望する女性(経産婦を含む。)
  2. 妊婦の配偶者。※妊婦は予防接種を受けられません。

 

予防接種の助成対象者の条件

  • 風しん抗体検査により抗体価が十分ではないと判断された妊娠を希望する女性。
  • 妊婦検診等で抗体価が十分ではないと判断された妊婦の配偶者。
    ※それ以外の同居者は対象となりません。

 

ちょっとややこしいですが、私の場合は抗体検査は無料で、予防接種の助成に関しては、夫婦ともに抗体価が低くかつ妻が妊娠していた場合にのみ対象となりそうです。

とりあえず、病院に行って抗体検査しました!

市役所webページに、風しん予防接種実施医療機関一覧として記載されている病院の中から近場の病院を選んで受診しました。

市の負担が絡むことなので、下のような役所が用意した用紙に記入が必要です。

病院にも置いてあるとのことですし、市役所webページから様式をダウンロードできます。

風しん抗体検査問診票

診察では、不確かでしたが以前に予防接種を受けた経験がないこと、風しんに罹ったことがないことを伝えると検査をする流れになりました。

検査は採血をし、結果が出るのを待つだけです。(医療機関により異なりますが、私の場合は3~4日後に結果が出るとのこと)

 

後日、結果を伺いに受診すると、検査の結果と簡単な説明を受けました。

数値の大小で抗体を持っているかどうかを判断します。

 

【風しん抗体価(EIA法)について】

陰性または判定保留 風しんの免疫を保有していません。
陽性 EIA価 8.0未満 過去の感染や予防接種により風しんの免疫はありますが、感染予防には不十分です。
陽性 EIA価 8.0以上 風しんの感染予防に十分な免疫を保有していると考えられます。

そして、私の検査結果は、、、↓↓↓

風しん抗体検査結果

EIA価 111.2 !! めっちゃ高いやんけ!!!

 

この結果により、「予防接種したことないとなれば、過去に感染して免疫が十分にできたのでしょう。」という結論に至りました。

というわけで、予防接種する必要なし!!!

 

しかし不安材料としては、妻が十分に免疫を持っているかどうかです。

これは現時点では結果待ち。

少しドキドキしています 🙂 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。